fc2ブログ
武蔵野・三鷹を基盤に活動する ボーカル&キーボード の佑記奈桜の日記です
宣言
2007年09月09日 (日) | rewrite |
今日は「WE LOVE SUGAR BOWL」と銘打たれたウチらのバンド、「SUGAR BOWL」の愛好会の第一次発起人さん達による、準備会&顔合わせであった。ほとんどは地元、三鷹の方たちやけど、自由が丘、行徳・・・本当に遠方で来れなかった方を含めるとすでに15人は超えている。嬉しい限り、ありがたい限り、幸せな限りであります。

会は「今日はお暑い中をお集まりいただきまして・・・」と何気に荘厳な雰囲気で始まったんやけど、終わる頃にはみんなが意見を出し合って色々な事が決まっていった。自分たちで考えた事が、実際にみなさんがどうやったら実現してゆくのかと話し合われてゆく。気力・体力・労力・財力・その他もろもろのたくさんのエネルギーをウチらに分けてくれはる。感無量。

ウチはちっちゃい時からピアノを習い、歌がとっても上手で大好きだった父親の歌の伴奏を、幼稚園くらいの時にはやっていた。毎週、日曜日にはそれをやって、一緒にお風呂に入って、ママが呆れて呼びに来るまで「歌のしりとり」をやっていた。将来、音楽家になるのはウチの中では当たり前の夢だった。ただ、それはピアニストからキーボーディスト、キーボーディストからシンガーへと形を変えてゆく。
高校生の時、すでに学校へはほとんど顔を出す程度で、周りの友達の大きな協力と、先生方の寛容な見方のおかげで、あちこちのライブハウスに顔を出し、プロのミュージシャン達に混じっていった。こう書くと順風満帆な人生かのようやけど、残念ながらそうはいかない。
色々な事があった。プライベートでの波風もかなりあった。仕事もかなりやった。だけど、夢が見えなかった。音楽の仕事をしているのに。
東京へ出て来た。あの時、どんな気持ちやったんやろう。でも、ここからウチは今いる周りの方たちとの縁、そしてそれまでに築いてきた縁に続いてゆく。
どうしょうもなく、不安で、自信がなくて、だから

「ウチを応援してください!」

とはとても自分からは言えなかった。それが、ここ数年、SUGAR BOWLが結成されてから変わってきた。応援してくださる方も増えてきた。そして何よりも自分の中にはっきりしたものが出来てきた。自分の将来が見えてきた。これまでの長い道のりがやっと形に現れてきた。でもこれ以上、ウチらだけの力ではどうにも動けない。

どないしょう?

この会の発足は本当に、ウチの一生の中で、最大のトピックになるだろう。素晴らしいトピックになるようには、まず、自分たちが頑張らなくてはいけない。当たり前や。

「ウチの夢をみなさんの夢にしてください。ウチの夢をかなえるのにみなさんの力を貸してください。」

初めて心から言えました。どうぞ、よろしくお願い致します。そして、みなさんに必ず、素敵なお返しができるように頑張る事をお約束します。

                       2007年9月9日(日)
スポンサーサイト



テーマ:LIVE、イベント
ジャンル:音楽
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック