fc2ブログ
武蔵野・三鷹を基盤に活動する ボーカル&キーボード の佑記奈桜の日記です
関西人やなと思うとき。
2007年06月14日 (木) | rewrite |
ウチのお父ちゃんは江戸っ子であった・・・

今日はまたもや、代講で学校。ちょっと早めに出て中野でランチ。で、何故か「おそば」が食べたくなった。どうしても「おそば」の気分。う~む、どうするべきか?いつもなら、迷わず駅そばでOKやねんけど、なんせ、中野まで来ちゃったので生徒と遭遇の可能性大。ま、ええねんけど。(と言いながら気にしてるやん!)

で、駅前の地下にあるチェーン展開のとあるお店に入る。ランチセットが700円って書いてあったので安心して入ったら、山菜そばは850円やて!ぐっと我慢の子で諦める。ほんまはもう少し、パワーのつくのを頼みたかったけど、のきなみ1000円以上。あ~あ、見栄をはらずに「駅そば」にすりゃ良かった。

「お待ちどうさまでした、山菜そばでございます。」

おそばに山菜の水煮が大さじ2杯ほど。脇に白ネギの刻んだんが添えてある。細く見えた麺は食べているうちにどんどんふやけて3倍くらいの太さに変化する。アカン、文句言ったらアカン。お昼や、お昼。しっかり食べなきゃ!ふと、メニューのひと言が目に入った。

「トッピング色々あります」

うん?かけそばが500円。トッピングの種類の中に山菜があり、それは100円っちゅう事は合わせて600円。で、ウチの食べている山菜そばは850円。どう見ても、山菜以外は何も乗っていない。なんでやねん?何が違うん?白ネギが250円もするん?もう、「?????」だらけである。とにかく、おそばを完食してレジへ。どうしようかな、聞いてみようかな、いや、すっと払って出るべきか・・・

「あのね、かけそばっておそばが違うん?量とか、麺とか違うん?」
「はっ?・・・いえ、同じでございます。」
「ほんなら、かけそばに山菜トッピングと山菜そばって、どう違うん?変やと思わへん?」
「えっ?いやっ、本当ですね!これはちょっとぉ・・・しばらくお待ち下さい。」

しばらくして・・・

「あのぉ、一応山菜の量が少し違うようです。」
「あれで!!!(駅そばの山菜かって、もうちょっと乗ってるで!と言いたいところ)」
「そうですよねぇ・・・」

お姉ちゃんも不満に思ってるのか。

「うちの店はチェーンなので、料金設定は各店舗では出来ないんですよ。次回からはかけそばにトッピングでオーダーしてくださいませ。」

という事で、めでたく本日は600円払って帰って来た。言うてみるもんや、やっぱし。

さて、今日のレッスンの感想。

生徒達が「変な」関西弁をしゃべるようになった・・・(-_-;)

夜、吉祥寺は「ここ」さんへ。いつの間にかママが呼んでくれたI氏に連れられてバンマスと三鷹のとあるお店へ。で、いきなりライブが決まったのでありました・・・詳細はもうちょっと待ってね!7月の下旬です。東京は梅雨入り。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック