武蔵野・三鷹を基盤に活動する ボーカル&キーボード の佑記奈桜の日記です
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | rewrite |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大腸ガンはコワくない!!
2013年02月02日 (土) | rewrite |
まず初めに、タイトルを読んで「なんのこっちゃ!?」の方もいらっしゃるだろうから、結論から先に。ウチはまったく健康体なのでご安心を!

長い間、ブログが凍結しています。これにはワケがあるのだ。2月4日からウチは入院して(1泊2日だけど)手術を受けた。で、その辺のあたりの事を書くか、書かないか、迷っていたんよ。一番はアメリカにいる母に心配をかけたくないから。でもそれは解決したし、学校もひと段落したし、やっぱり知って欲しい事、聞いて欲しい事があるので書く事にしました。

さて。

昨年、11月末に受けた人間ドッグで、便に潜血反応があって再検査。「よくある事だから心配しなくていいけど、念のためね。」

ウチの父は一卵性双生児で、二人とも大腸ガンが元で亡くなった。父は健康診断が嫌いで、ガンが見つかった時にはあちこちに転移しており、手の施しようがなかった。叔父は早くに見つけて手術を受けていた。だが、ある時期から検査をしなくなり、再発してしまった。2人はまったく違う生活をしていても、同じ時期に同じ病気によくなっていたという。そうすると、ちょうどウチの年くらいにガンが発生した計算になるのだ。だけど、(叔父は知らないけど)父は便秘気味だったし、大腸ガンは便秘の人がなりやすいように聞いていた。ウチは真逆である。だから何の心配もしていなかった。

12月の初め、地元のお医者さんで検査を受けた。ウチの○○回目の誕生日の夕食は検査のおかげでお粥である。とほほ。

内視鏡検査は受けた事がある方はご存知だと思うが、本人も自分の腸の様子をモニターで見る事ができる。カメラがするすると動いていく。

「え?何?今の?」

なんか見えたぞ。変なものが。

カメラは腸の奥まで進み、戻りながら撮影をするようだ。

「あ!先生!これ何?」

やっぱりいた。ピンクのんとちょっとイヤ〜な色のんと2つ。ポコンとおできみたいなのがいる。先生は何も言わなかった。

検査が終わって、診察室へ。

さっきの謎の物体の写真があった。組織を調べてみなきゃ何とも言えないそうだが、先生の顔は固かった。どのみち、おできは摘出しなくてはいけないと言われた。

アタマが蒼白になった。ちょっと待ってよ。色々とやろうと思っている事がたくさんあるのに、やめてくれよ。

検査結果が出るまでの間、ウチのアタマはどうしても悪い方へ考えが回ってしまい、気持ちは撃沈していた。やろうねと言っていたバンドの事も、な〜んも考えられなくなった。検査結果はやはり、片方のイヤ〜な色のヤツが「異形なんとか」で、大きい病因で手術をする事になった。

「取ってしまえばそれまでですから、安心してくださいね。」

そんな事言われても、そいつがガンで、他に転移してたらどうするのだ?いやいや、他にできていて転移してきたのかもよ。人間ドックで他は異常なしと診断された事なんて、とっくに忘れていた。とにかく早く取ってもらわないと、どんどん成長するかも知れないのだ。

「先生、早くなんとかしたいです。手術、2月なんて、それまでにどんどん成長するんじゃないですか?」

「いやいや、そんな事はないから大丈夫だよ。取っちゃえば大丈夫。心配しないで。」

そんな事、言ったってさぁ・・・

腸は胃などと違って神経がないので、痛みを感じないそうだ。自覚症状がないから、検査をしないと見つからない。
今の医療技術は素晴らしく、小さいものだとその場でプチッとやっつけてくれる。製薬会社に勤める弟に、色々と相談をした。簡単な手術だから、まず間違いなく大丈夫、だそうだ。

へこんでいても仕方がない。

ライブも普通にやった。ECCの研修も頑張って行った。学校も休まずに通った。いつの間にか、おできの事はそんなに気にならなくなった。取れば大丈夫。ガンになんて、なってたまるか!

手術の日、これまた自分の腸内を見ながらという、なんとも不思議な体験をした。カメラが検査の時と同じようにスルスルと動いていく。確か、この辺り。あ、まだおった。ピンクのんと、あれ?ちょっと色がこの間よりマシになってる?そういえば、全然大きくなってはいないようだった。先生、頼むで!

「手前からいきましょう。」

金属のワイヤーが出て来ておできを挟む。

「はい、お願いします。」

あっという間におできを退治だ。

「先生、うま〜い!」

摘出した後、傷跡は極小の洗濯バサミみたいなので留められた。

「すっご〜い!!」

ほとんど痛みもなく、手術は無事に成功した。念のために全身をCTスキャンしてもらった。後は検査結果を待つだけである。

結局、取ったおできの組織はガン細胞にはなっておらず、CTの結果も問題なし。ウチの体は健康体に戻った。だけどね、もしも人間ドックで再検査を薦められなかったら、そのまま放っておいただろう。放っておけば、あのおできは間違いなくガン細胞に変わっていただろう。

ウチが一番、書きたかったのは・・・

特にミュージシャンの皆さん、健康診断を一年に一回は受けてくださいね。便秘や下痢が続いたら、お酒のせいにしないで病院へ行ってみてください。大腸ガンはちゃんと検査をしていれば大丈夫です。今の内視鏡検査はほとんど痛みもありません。大事になる前に、健康診断を受けましょう!!

生きていなきゃ、つまらない。健康でなきゃ、つまらない。

ちなみに・・・

今回の事で、連れ合いが毎朝、飲ませてくれたものがある。ガイアロックスという超ミネラルのお水だ。ウチのおできが全く、大きくならなかったのは、この子のおかげかも知れない。

ガイアロックス


興味のある方は、こちらです。⇒ ガイアロックス

ちょっと宣伝しちゃいました。

さぁ、明日から(3月23日)からまたブログを再開します。皆さん、また読んでくださいね!


ランキングに参加しました。

ぜひ、愛のワンクリックをおねがいします↓


スポンサーサイト
テーマ:楽しく生きる
ジャンル:ライフ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。