武蔵野・三鷹を基盤に活動する ボーカル&キーボード の佑記奈桜の日記です
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | rewrite |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
久しぶりの診察
2012年03月27日 (火) | rewrite |
今日はヒッサしぶりぃ!の足の病院である。

今年1月、ウチの先生はウチが入院していた病院から独立して、近くで開業した。なので、ウチは初めての病院である。ビル自体も新しい病院は、本当に清潔でキレイで気持ちがいい。前と変わらないのは、患者さんの数。相変わらず満タンで座るところがないくらい。さっさと受付へ向かう。

「初めてですか?」

「はぁ、あの手術はしていただいているのですが・・・」

「この病院は初めてですね?」

「はい、そうです。」

「今日はどちらのご診察に来られましたか?」

「足です。」

「足ですね。足首からどちらですか?」

へっ?足首からどちら?うぬぬ、上?下?何て答える?思わずジェスチャーした。手首を持って、

「この先っぽ。」

受付のお姉さん、大爆笑。あぁ、日本語は難しい。

知った顔の看護士さんが声をかけてくれた。ふぅ。ちょっと甘えて、外出する事にした。軽く一時間は待つだろう。

開院したのだから、何かお祝いをとも思っていた。ぶらぶらと歩いていると、お花屋さんの店先にまだつぼみの旭桜の鉢植えを見つけた。これから、どんどんと花を咲かせるだろう。よし、これにしよう!

病院に戻るとすぐに呼ばれた。

「あ、せんせ、せんせ、おめでとうございます。これ、これから咲くらしいから、良かったら飾ってくださいね。」

「え、なんだい?」

「桜なんです。」

せんせの顔がちょっとほころぶ。お馴染みの看護士さんが横から

「先生はお花を育てるのが、お得意なんですよ。」

と。ふぅん。ちょっと意外!

さて診察だ。左足にまだ違和感があり、それを説明してレントゲンに。

レントゲンの結果、やはり気になっている左足はもともとの骨格が災いして、色々と問題が起きていた。もちろん、歩く、走るのには支障はないものの、気をつけていないとまた再発する可能性もある。でも、きちんとケアしてゆけば前のような事にはならないだろう。せっかく手術したんだもん、頑張ろう!

桜、いっぱい咲くといいな。


【携帯版・奈桜のほんわかメルマガ】発行中!(不定期)

下記アドレスにあなたの携帯から空メールを送ってください。

reg-nao-yuhki@mwmw.net

登録用のメールがすぐに届きます。
ライブスケジュールの他に、音楽以外の事もバラエティに発信しています。
ぜひ、ご登録くださいね


ランキングに参加しました。

ぜひ、愛のワンクリックをおねがいします↓

FC2ブログランキング
スポンサーサイト
テーマ:楽しく生きる
ジャンル:ライフ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。