fc2ブログ
武蔵野・三鷹を基盤に活動する ボーカル&キーボード の佑記奈桜の日記です
荻窪ルースター物語
2006年10月18日 (水) | rewrite |
先日、マスターの「サイン」付きで(お願いしてん!)求めてきた「荻窪ルースター物語」を一気に読破した。面白かった。時々は「うんうん、そうやそうや!」とうなずき、「そっか、マスターごめんなさい。」と誤り、「すっごぉ!」と驚き、「さすがなぁ、頭、さがるな!」と感心しながら・・・
 これから「ライブハウス」なるものをやってみようという方は勿論やけど、ウチはこの本、現行「ライブハウス」に関わってるお店側の皆様、そして、何よりもミュージシャンに読んで頂きたい。
 とかく、ジャズ関係でボーカルなぞをやっていますと、

「ライブをやってお客さんが少ないのはボーカルのせい!」

 経験あるボーカルの方、多いやろうなぁ。そんなん、おかしいやん。これ、事もあろうに一緒にステージをやったミュージシャンのお言葉。情けない。お店にお客さんが付いてないし、メインボーカルに頼ってブッキングばかり先行するミュージシャン・・・
ある日などは、ちょびっと有名なジャズクラブのママさんに、はっきり言われた事もある。

「あなた、この間のライブの応援団の方達は?」

あのねぇ・・・

赤いからす」のマスターともお話した事あるけど、とかく、ジャズミュージシャンはお客さんが入ろうが入るまいが関係なし。かなり著名な方でもそうらしい。勝手にお客さんが来ると思っている。
いまどき・・・それは有り得ない。考え方、古過ぎ!
 お店・ミュージシャン・そして。何よりも「お客様」がいなきゃ、どんなにイケてるライブだってくすんでしまう。初めてのお客さんだって引いてしまう。このマスターもどうやったらお客さまに楽しんで頂けるかをいつも、考えては色々と頑張ってはります。
 その日、その時間にその場所に集まった人たちの大切な時間を、お店側はもてなし、ミュージシャンは楽しませなきゃいけないよ。そうじゃなきゃ、詐欺って言われちゃう・・・

偉そうな事、書いてしまったけど、ウチはそう在りたい、そうして行きたいと思うのでありました。幸い、「SUGAR BOWL」がお付き合いさせて頂いている大半のお店はそういう考えの持ち主ばかり。そしてバンマスはどうやってお客さんを集めるかいつも考えてる。(ウチも頑張ります(^_^;))

人気商売&客商売。こうでなきゃ。
スポンサーサイト



テーマ:オススメ本!!
ジャンル:本・雑誌
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック