武蔵野・三鷹を基盤に活動する ボーカル&キーボード の佑記奈桜の日記です
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | rewrite |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
福寿草の歌
2011年09月27日 (火) | rewrite |
おっと遅くなっちゃった。とは言っても9時過ぎには病院に到着。毎度おなじみの足の検診。でも今日はちょっと違うのだ。

「次回はレントゲンを撮って、いいようだったら抜蹄(金属を抜く)の日を決めましょう。」

そう、ついに両足が自由になる感じ!!春に手術し、夏に抜蹄した右足は抜いた翌日から軽かった。あとは左ちゃんだけ。やっぱり全治までは長かったなぁ。

で。

「○○号室の○○さんに預けといたから。」

先日、無事に退院した長野のお母さんがこの間、診察に来た。その時にウチへのお土産を入院してる患者さんに預けていったのだ。診察までの長い待ち時間、病室へ行って受け取った。裏のお家で作っているという天然、国産のアカシアのはちみつ。そして、CDが入っていた。2年前に亡くなった旦那さんが、こよなく愛した花、福寿草。

「福寿草は真夏の暑さで根を張り、真冬の寒さの中で花ひらく」

お母さんはこの事を新聞に書き、知り合った方が歌にしてくれたという。

おみやげ


達筆なお手紙の中に「あなたに歌っていただけたらなと、勝手ながら。」と書かれていた。光栄な事です。旦那さんが愛したこの花、そして優しい想いが託されている歌。

福島の祐里ちゃんからもメールが来ていた。体調を崩したらしく大変そうだった。だから彼女が歌に託した「あきらめないで!」というメッセージをもう一度、彼女自身にメールした。歌は歌い続けてゆく事が大事なんだから。

お昼を回って、そろそろ順番かな。

「ほら、真っすぐでしょ。これが新しく出来た骨だよ。」

レントゲン写真には、上からも横からもはっきりと新しい骨が手術したところを埋め出しているのが分かる。

「一番早くて11月かな。」

「じゃ、それでお願いします!」

帰宅したら3時を回っていた。それでも、今日は病院にいる間に色々な事ができたし、色々な事があったなぁ。明日も頑張るぞ!


ランキングに参加しました。

ぜひ、愛のワンクリックをおねがいします↓

FC2ブログランキング
スポンサーサイト
テーマ:楽しく生きる
ジャンル:ライフ
コメント
この記事へのコメント
Re: Song to sing
いつもコメントをありがとうございます。歌い手として、こういうコメントは本当に嬉しいものです。色々な人生、色々なストーリーをまた伝え続けていきたいと思います。
2011/09/30(Fri) 08:43 | URL  | by 佑記 奈桜 #-[ ]
Song to sing
足の鉄がとれそうでよかったですね。
歌というもの、メッセージでもあるわけで、こういう唄を作って大切にして下さい。
歌の背景がちゃんとあるというのはすばらしいことです。 嬉しく読ませていただきました。
2011/09/28(Wed) 09:56 | URL  | Utam #1lMXiUbM[ ]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。