fc2ブログ
武蔵野・三鷹を基盤に活動する ボーカル&キーボード の佑記奈桜の日記です
余震
2011年04月11日 (月) | rewrite |
朝早くから病院へ。執刀医の先生は今週は学会でアメリカなので、消毒だけ他の先生にしてもらうことになっていた。

「あら、腫れてるわね。ダメよ、足を上げとかなきゃ。腫れ=痛みだからね。」

帰りのタクシーの運転手さん、ウチの松葉杖を見て

「お客さん、整形ですか?」

「ええ。」

「○○先生かな?」

「そうですよ。」

「あぁ、良かったですね。あの先生はすごいんですよ。日本全国から患者さんがやってきますよ。野球の○○さんや、サッカーの○○さんも来てましたね。」

「へぇ~!」

ウチはとある病院からの紹介で行ったので、そんなことは何も知らなかった。ただ、外反母趾に関してはかなり専門的であるというのは聞いていた。そういえば、スポーツ選手っぽい人もいたっけ。良かった、なんか嬉しいし安心だ。

帰宅してから・・・

うぬぬ。

ひょこたんができない。なんで?

いってぇ~。

元気な左足もこのところの酷使に疲れ果てているようで、右足への負担が少し多くなっているのだろう。右足はパンパンな感じがして、痛みが戻ってきていた。え~ん。

おとなしく、段差を付けて置いてある椅子に座って、片方の椅子に足を乗っける。ふぅ。

おいおい、この体勢でできる事ってさぁ・・・

極度に少ないじゃん

じっとしてるのが苦手なウチにとって、またもや拷問である。でもここはガマン、ガマン。

と。

ギュワーン、ギュワーン

え?

緊急速報だ!うそ!もう、終りじゃないの?松葉杖をひっつかんで、とりあえず窓際の隅に避難。何も落ちてくるものや、倒れてくるものはない。構えた。

ぐらぐらっと来た。窓がカタカタ鳴る。大丈夫、大丈夫、絶対におさまるから。

ただね、今、自分が走るどころか歩くのもままならない状況というのは、本当に恐怖が強かった。車椅子のあの子は大丈夫だろうか?改めて色々な事を考えさせられるのでありました。


ランキングに参加しました。?
ぜひ、愛のワンクリックをおねがいします↓

FC2ブログランキング
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可