fc2ブログ
武蔵野・三鷹を基盤に活動する ボーカル&キーボード の佑記奈桜の日記です
再生
2007年02月09日 (金) | rewrite |
日中はあちこちと走り回る。立川の公園で満開の梅に出会って、しばし休憩。帰宅するまではどうも、運が悪いのか、乗るバス、乗るバスを待つ行列で何かヘンな人がウチの前に立つ。「フケフケ星人」「これでもか割り込み星人」「横揺れ隙間縮め星人」である。気分を害されることもあるであろうかと思うので、詳しい説明は割愛。それにしても参ったなぁ。
 気を取り直して、夜には吉祥寺へ。「赤いからす」さんへとバンマスと向かった。今日はマスターのSさんに、色々とご相談したい事があったので伺ったのだ。そちらの方はだいたい片付いた所で、Sさんが一枚のパンフレットを見せてくださった。もう何年も前から取り組んでいらっしゃる「井の頭公園の池の水をきれいにしよう!」いう会からの活動内容と、みなさんに自粛してほしい事、どうして生態系が崩れていって、どうやったら復活できるのかなどが掲載されている。そして実際に池に生息している水鳥の写真。その種類は渡り鳥も含めて、100種以上にも及び、今は鯉だらけ(しかも人間がエサをやるからかなりデカい)の池には清水にか生息しない魚たちも数多くいたとういう。滾々と湧き出る水は、神田川の水源であったなんて、まったく知らなかった。Sさん達はその生態系と水の透明感を10年がかりで取り戻そうと活動してはるのであった。先日行った「深大寺」は広大な「神代植物公園」のおかげでその清水を未だに守れているらしい。確かに境内に流れる川はさらさらと清らかであった。武蔵野の地はやはり自然豊かな土地なのである。
 そんなお話、歴史を聞いて感動。今なら間に合う。今しか出来ない。そう思っていてもなかなか出来ないものやもん。Sさんに拍手である。そして、自分の出来ることからやるのがウチらのせめてものお手伝いやなと思う。例えば、「池ではお魚にエサをやらないで。」誰にでも出来ること。ちょっとだけでも気をつけることが、大きな力になってゆくと思うんよ。人が人に対しても、おんなじ事とちゃうかなぁ・・・「○○星人」とあだ名をつけられないよう、自分も気をつけなくっちゃと思うのでありました。
スポンサーサイト



テーマ:暮らし・生活
ジャンル:ライフ