武蔵野・三鷹を基盤に活動する ボーカル&キーボード の佑記奈桜の日記です
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | rewrite |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ほっこり、あったか。
2007年02月28日 (水) | rewrite |
世間は一日中、強風だったようで。家がたまたま風と同じ方向に建っているのか、夜になって外に出るまで気付かなかったウチ。

「なんじゃこりゃ!うぇ~ん、さぶいよぉ!飛ぶぅ~!」

なので、小走りに、とあるお店に向かう。一番、最近にご紹介頂いたお店で、今日は定休日の「おしどり」さんのご夫妻、そして、このお店をご紹介頂いたKさんと約束していた。ママが一人で切り盛りするこのお店は、あちこちにちょこっとした可愛い飾りつけがあったり、オブジェが置いてあったりと個性的なお店である。ウチが通うお店は、み~んな、個性があって(当たり前やけど)とてもいい雰囲気なんよね。お料理も美味しいし、ハートのあったかさが伝わってきます。今日みたいに寒い日にはぴったりの煮込みを頂きながら、初めはいわゆる世間話的なところから始まって、だんだんと色々なお話を聞くのはとても楽しい。ウチもこの所の色々話をしちゃったり、こういうの、あんまりないから、ついつい・・・みなさんが歌ってくれはる。ウチはカラオケはほとんどしないけど、人の歌を聴くのはけっこう、好きなんよ。「おしどり」のお父さんは甘い声、お母さんは可愛い声、Kさんは深い声やった。あれっ、ママの聴いてない!?今度やね!
 夜も更けた頃、バンマスが吉祥寺「ここ」さんでの「餃子パーティー」から帰還。今回は、なんでも丸のままのホコホコにんにくがゴロゴロ入っていたそうで、美味しかったけど、「匂い」が気になるらしい。ウチはKさんに頂いたリングを見せびらかしちゃった。ママと色違いの指輪は、一番好きなブルーの色。地球だけ、太陽のおかげで見れるブルー。きらきら輝る指輪を見ながら、この街に来て知り合った色々な方たちを想う。ほとんどがウチより年上の方やけど、その様々な経験や人生。垣間見るその歴史は、ウチにとって何よりの勉強。風はまだ冬の風。でもほっこり楽しい夜なのでありました。
スポンサーサイト
what for ?
2007年02月27日 (火) | rewrite |
朝からいつものように、(いや、この所のいつもとちゃいまっせ!)元気に動き回る。ウチの部屋は階下が半地下の駐車場になっており、昔の「高床式」と同じ理屈で、夏は涼しいのだけど、冬は足が寒いんよ。スリッパなしでは歩けなかった床も、だんだん裸足で歩けるようになってきた。今日の夜はまず「天安門」さんへ。バンマスと夕食を頂きがてら、出来上がったポスターをお届けしに行く。オーナーのOさんには無理をお願いして、予定より1時間も早くお店に来て頂いた。にも関わらず・・・「でっかい海老チリ」をご馳走になってしまう。プリプリの海老くんが甘辛酸っぱいソースに包まれて、至福の時である。なんせ、甲殻類&貝類に目がないウチとしては、もうハッピー、ハッピーなんよ。人間の体調には年単位くらいの大きな波もあると思うねんけど、この所、ウチは肉食がまたちょっと苦手になってきてるかな。父親が魚党だったせいか、やっぱり魚介に戻るんやろか?そして・・・大量のお野菜はいつもどおりである。これは誰に似たんや?ナゾである。とにかく、冷蔵庫の野菜室が空っぽに近くなると不安になる。ちなみに今日、八百屋さんで購入したお野菜・・・

キャベツ 1個
にら 2束
ミニトマト 1パック
きゅうり 7本(まとめ売りやってて、なんとかなるさと購入)
人参 3本
しめじ おそらく4パック分くらい(バラの袋詰め)
水菜 1束
ピーマン 1袋

これが傷むことなく、全部消費されてゆく。自分でもこわ~い!!しかも「玉ねぎ・じゃがいも・大根・白菜・ねぎ」はこの時期は常備。もちろん、地元産。そこに加えて「貝割れ・豆苗」は水耕栽培の容量で窓辺を飾って(!?)いる。青虫もまっつぁおや!(なんで緑なのに青虫なの!)
 はてさて、4月の28日に決定している「天安門」さんでの2回目のライブ。今から楽しみやなぁ。マスター、ご馳走様でした。
 そこからバンマスと分かれて、ウチは「れもん」さんへ。バンマスは土曜日のライブのお礼の挨拶に「とりひろ」さんへ向かったようだ。ひとしきり近況報告をしたところで、30年来の常連さんでウチらのライブにも来てくれはるお客様が登場!ただ~っし!かなり、酩酊のご様子でありんす。

「おぉっ!奈桜ちゃん!」

と一声あげるなり、ウチの隣へ。ウチの事を非常に気に入ってくださっていて、それはそれは盛り上がる。そやけど・・・同じ話が多分、50回くらい回ったかなぁ・・・・嬉しいねんけど。5分おきに巻き戻す感じやからなぁ。ママは、

「これだけ、さんざんしゃべって、明日は覚えてないんだよ!」

とぴしゃり。にゃるほど。でも。愛すべきお客さんやんね。ふっと考える。ウチが今、やっている事。一体、何のために?誰のために?

「アタシなんかね、足かせだらけでさ、でもさ、な~んにも無かったら、それはそれはつまんないよ。何かのために、誰かのためにって毎日、毎日、大変でも、それがなきゃ、つまんないんだよ。」

なんだか、ものすごく納得したのでありました。帰りは鍛えがてら、走り歩きで帰りましたとさ。
弾みをつけて。
2007年02月26日 (月) | rewrite |
寝癖がついたのか。いや~ん、髪の毛じゃなくてぇ。眠い、眠い、眠いのよん。今頃になって先週の疲れが出たのか、どうもだるだるである。昨日もいっぱい寝たのになぁ。
 2月もあと残す所、ほんのちょっと。回りはだんだんと慌しくなってきている。今週も人に会う事が多そうやし、休養できる時にとっておくべきなんかな。
 さあ、春はすぐそこ。頭も体も気持ちも、前進あるのみや!
SUGAR BOWLおそばツアー
2007年02月25日 (日) | rewrite |
久々にお昼前まで起きる事が出来ず、今日もたっぷり睡眠をとった。夢を見る事も無く、ぐっすりである。バンマスから深大寺におそばを食べに行かないかとお誘いがあったので、気持ちの良いお天気だし、てくてく歩いていく事に。今回はまた行った事のないお店に決定。なんせ、ものすごい数のお蕎麦屋さんがあるんよね。この地は本当に水が良いみたい。ウチはなぜか、あんまり「ざる」とか「もり」とか冷たいおそばを食べる事が少ない。冷やし中華くらいかなぁ・・・そやけど、前回、「天安門」さんのマスターのOさん主催の「深大寺おそばツアー」の時に食べさせて頂いた、冷たい打ち立て、茹で立てのおそばの香りがとても気に入って、今回も迷わず、「もり」である。そば湯も好きだしね!つるつるしこしこのおそばは、やはり口に入れた時の香りがとても高くて美味しかった。ただ「ずず~っ」と音をたててすするのが苦手で「ちゅるちゅる」と、まだまだおそば入門編やけど^_^;
 あちこちに咲きほころぶ梅や、名前も知らない花達が春を告げてくれている。気持ちのアップダウンをそっと、なでてくれてるみたいや。
とりひろ3年目、突入!
2007年02月24日 (土) | rewrite |
思いっきり寝た。起きて本日のライブの仕込みである。バンマスからは「容赦ない」メニューが送られている。ゲゲッ!マジ、これ、2人でやってみるわけ!!文句も言いたい所やけど、ま、ここはガマン、ガマン。って、もう、やるしかないので、あわてて個人リハである。
 あっという間に入り時間。セッティングして、チェックして。マスターも気合バンバンである。なんせ、3年目に突入やもん。
 叔父の訃報をウチのブログで知っている人、ウチのブログを知らないはずなのに、その件は知っている人。とにかく、来て頂いた方のほとんどから、お悔やみの言葉を頂きました。そう言えば、マスターは珍しく柄なしの黒Tシャツ、お姉さんも赤のギンガムチェックのいつものエプロンじゃなく、今日は白黒のギンガムチェック。気を使ってくれはったんかなぁ。ウチもさすがに今日は黒の衣装です。でもね。自分でも信じられないくらいの淋しい気持ちを、みなさんが埋めてくれはりました。こんなん、言ったら怒られると思うけど、歌を歌うというのは感情を人に、すべて、見せることなんよね。だから、とてもつらかったのもあったけど、みなさんがとても、受け入れて、というか、今日は、お客様がウチを支えてくれはった。おおきに。
 お決まりの2次会は、久々にバンマスとマスターを除いて全部、女の子。嬉しかったなぁ。
 心配してくれはったみなさま(女の子も男の子も!)おおきにです。みなさんのおかげで、今日もいい歌を歌えたと思います。本当におおきに。
テーマ:LIVE、イベント
ジャンル:音楽
走馬灯その2
2007年02月23日 (金) | rewrite |
ほとんど寝ずに朝が来る。今にも泣き出しそうな空は悔しいけど、今日にふさわさしいかも知れない。コンビニで仕入れてきてもらったパンとコーヒー(どうして、じい様、ばっ様たちはピーナツバターといちごジャムが好きなんや!?)で朝ごはんを済ませ、支度を整える。
 ウチの父や、お兄ちゃんを子供の頃からよく知っているご住職の読経の中、お兄ちゃんの笑顔のお写真がまた思い出の走馬灯を回す。パーラーで一緒にいちごパフェを食べたこと、2人にだまされてウチと従兄弟がお互いに父親を間違えたこと、父のお葬式で朝まで話した色々なこと・・・

「残された僕らを、これからどうぞよろしくご指導ください。」

喪主の従兄弟の挨拶である。若くして両親を失った今、どんなに不安やろう。ウチらにはそんなに力はないけど、これからは昔のように付き合っていこうと思う。

「お姉ちゃんのライブ、絶対行くからね!」

この間も言ってたのに。大丈夫よ、ちゃんと一緒にいるからね。なんや、弟が増えた気分やわ。でも、あんた達、立派にお父さんをお見送りできたやんか。淋しいけど、悔しいけど、頑張っていこな。

叔父はみんなに見守られる中、双子の兄の待つ天国に静かに旅立ってゆきました。どうぞ、安らかに。そして、みんなを守ってください。
走馬灯その1
2007年02月22日 (木) | rewrite |
午後3時。駅で待ち合わせた母と弟と3人、斎場へ向かう。本家本元の親戚というのはウチら3人だけで、あとはおばあちゃん筋と従兄弟の亡くなった母親筋の親戚が集まっていた。はっきり言って従兄弟の母親が亡くなった時以来、もしくは本家のおじいちゃんが亡くなった時以来の再会である。もう軽く10年は過ぎている。初対面の方もいる。従兄弟自体が把握してなかったりして、しばらくは誰が誰なのかをウチらと従兄弟で必死で思い出すなんて事に・・・
 お兄ちゃんは本当に今にも

「よっ、どうしたんだ?」

といつものように起きてきそうなくらいに、穏やかなお顔でした。そして、やっぱり父にそっくりなのでした。弟が

「2回目って感じがするよなぁ。」

無理も無い。ウチもまったく同感やもん。
 お通夜も滞りなく終わり、会食の席でだんだんとみんなの顔が分かってくる。ウチは小学生3年くらいまで東京に住んだ事がある。その頃、よくおじいちゃんや父に連れられてお邪魔しては、可愛がってもらったおばちゃんや、お兄ちゃん、お姉ちゃん。その面影がだんだん蘇ってくる。空白の何年間を埋めるかのように、お兄ちゃんの回りで昔話が交わされながら夜が更けてゆくのでありました。
SUGAR BOWL、六本木で歌う。
2007年02月21日 (水) | rewrite |
お昼間はお散歩なぞして、天地からの「祐気」を補給する。満開を迎えた梅たち、だんだんとふくらんでくるつぼみや、若芽を見ていると、本当に春と生命を満喫できる感じ。これで今日も元気いっぱいや!
 午後7時前、バンマスとウチは六本木の「タトゥー東京」に到着。音響の方と少しだけ打ち合わせして、あっという間に本番である。平日の夜とあって、いつもにも増して「落ち着いた、しっとりした空間」である。MC用のマイクは立てて頂いたものの、結局、1回目のステージはバンマスはしゃべらず。演奏もかなり抑え気味。ステージの上は照明でかなり暑く、体調の戻りきらないウチにとっては、ちょっとつらい。今日はバンマスにご登場願って、本当に助かったのである。

「もうちょっと、やっちゃって大丈夫よん!」
「なんか、掴み所がまだ、分からん。」

このお店のステージは完璧なる独立したステージである。そこにピアノとサックスだけというのだから、こりゃ、お店としても前代未聞かもしれない。ちょっと距離があるので、いつもよりバンマスが小さく見える。それでも暖かい拍手を頂いて、2回目のステージではバンマスがいつもの調子で吹き出し、フルートも披露。「プカプカ」も歌ったら、これがお客さんにけっこうウケたりもする。お店にも評判は良かったようで、3回目のステージではついにバンマスの「お歌」が飛び出す・・・などなど。やはりいつもの「SUGAR BOWL」のステージとなるんよね。
 ただ、結局最後まで、バンマスは「しゃべくり」だけは手を、いや、口を出さなかってん^_^;
 お疲れ様でした!また、次回がありそうです。

さあ、明日とあさってはウチはちょっと三鷹を離れますが、24日(土曜日)にはついに来た!「とりひろ」さん3年目に突入ライブだぁっ!みなさん、どうぞ遊びに来てくださいね。お待ちしています。

いよいよ3年目!


テーマ:LIVE、イベント
ジャンル:音楽
バレンタイン・リベンジ
2007年02月20日 (火) | rewrite |
体はほとんど回復しているのに「鼻声」が治らない。なんか、アニメに出てきそうな声になってるやん!(>_<)昼間はお仕事したり、母と電話したり、なんやかんやと。夜はポスターのお願い&バレンタインリベンジであちこちを回ることに。久々に「人形の館」に行く。

「あけましておめでとう!だよね?」
「ひょえ~、すんません!」

チーフのお誕生日に電話はしたものの、とにかく行こうとすると何かしら用事が出来て、結局、今日まで来れなかってん。堪忍です。ちょうど、お客さんの切れ目の時間にあたったので、チーフと奥さんとバンマスと4人で話が弾む。ここに通いだして何年がたったんやろう?初めて来た時を今でも覚えていたりするんよね。昔はこのお店から徒歩1分の所に住んでたから、ほぼ毎日、夜中はここにいたような・・・ウチのポスターやCDをきれいにディスプレーしてくはり、ちょっとした「SUGAR BOWLコーナー」が出来上がっている!また今年もやりましょうと、嬉しいお話をいただいたり・・・で、ドアの所に

「???なんやこれ?」
「奈桜さん!!!うちはダッチコーヒーが名物の店ですよ!!!」
「まだ飲んだ事・・・・ない・・・」

怒られてしまった^_^;

「今度、お昼間に飲みに来ます!」

なので、宣伝を。ダッチコーヒー(水出しコーヒー)は下の写真です。「人形の館」は三鷹駅南口を降りて中央通り(商店街)を南に20mほど。ひとつめの信号の手前。マクドナルドの向かえのコンビニの2階です。だいたいお昼頃から午前2時くらいまで。おすすめはテールシチューかな。ワインも色々、お酒もフードもかなり充実してます。行ってみてちょ!
 さて、そこからあっちゃこっちゃと3、4軒回る。顔を出すにも、もう閉まってしまったお店もあって、残念ながら全部は回りきれなかった。ひとつのお店では御歳82歳にもなるおじいちゃまが朗々と「さざんかの宿」を熱唱してくださったり、冷え込んでいく2月の夜とは逆に、元気をいっぱいもらうことが出来た。一番最後に「とりひろ」さんに寄って、この夜はアホなお話ばかりして、爆笑のうずでお開きとなる。明日は六本木「タトゥー東京」でのお仕事。初めて「SUGAR BOWL」として二人で出演させていただく事になった。どうなることやら・・・

不思議なコーヒー


スクラム
2007年02月19日 (月) | rewrite |
昨夜、従兄弟から電話がかかる。お兄ちゃん(叔父)のお通夜、告別式の日程などのこと。変な話やけど、お隣の市で告別式なので、なんでやねん?と言うと、自分の街だともう来週までいっぱいやねんて。今年は暖冬が逆に災いして、ぐっと冷え込んだり、寒暖の差が激しいので、具合の悪くなる方が非常に多いとのことやった。

「明日、お寺さんに行って、戒名とか色々相談する事になってるんだ・・・」

うん?ちょっと不安気やなぁ。

「一緒に行ったろか?」
「来てくれる!」

ウチはちょくちょくお寺さんに通っているし、近いし、10代の頃にお母さんも亡くしている彼らは全部、自分達でやらなきゃならない。ウチだって何も分からないけど、いるだけで、ちょっとは違うやろう。なんせ、彼らがここに来るのは10年ぶりとか・・・おいおい!(>_<)まあ、無理もないよね。さて、ウチらの父たちを幼少の頃から知っているお寺さんは、彼らに少しでも負担がないように、それでいて、略したりすることのないよう、最大限、ええように取り計らってくれはった。ホッとする。会社は休まざるを得ないが、色々な諸事に追われている方が気も張って、その方が今の彼らにはええのかも知れない。
 帰りがけ、家の方に送ってもらう途中、3人でファミレスによってドリンクバーのみで気が付いたら3時間もしゃべっていた。なんせ、一卵性双生児、同じ行動がむっちゃいっぱいある。お互いの父親の話というより、同一人物の話をしているような錯覚にとらわれる。

「えっ、おじさんもそうだったの!?」
「それ、お父ちゃんとおんなじやん!」

父方の親戚はもともと少なく、いよいよもって我々従兄弟とあと数人。これからはちょこちょこ交流しようね。色々な事があった年月を、まだまだ話す事はいっぱいあるやろうけど、伝えてくれておおきに。

「姉ちゃん、CD、持ってきてくれた?」
「ほいよ。」
「サンキュー!」

今度はライブにも遊びにおいで。

そうそう。このメンバーに弟が加わると・・・
お通夜は寝れそうにありませぬ。
みんな、仲良しで良かったよ。双子パパも喜んでるね、きっと。
生まれ変わり
2007年02月18日 (日) | rewrite |
昨日も書いたとおり、今朝7時ちょうどに電話が鳴った。なぜか。とっくに起きていたけど。
 叔父の訃報を聞いてというか、確認して、親戚と連絡を取ることひとしきり。体調もこれでは、さすがに良好とはならないようで、結構ツライ午前中を過ごす。だいたいの事が落ち着いて午後は仕事と体力回復のための散歩。その中でも、やはり身内との電話が絶えない。

でね。弟が

「姉ちゃん、生まれ変わりって信じる?」

「へっ?」

「ごめん、言ってなかったっけ!Yちゃん(従姉妹)が今朝、赤ちゃんを産んだんだよ。叔父ちゃん、亡くなった時間に陣痛が来たんだって。」

聞いてないぞよ!こらっ!あわててYちゃん実家にお電話。おじちゃまが出て、信じられないくらいデレデレの応対。

「おじいちゃんになっちゃったね!」

「えへへ!!!!」

そんなもんである。ウチはそのまま、従兄弟に伝えた。不思議なこともあるんやねと。明日。従兄弟たちと久々に会う事になっている。

「お姉ちゃん、新しいCD出したんでしょ!僕もライブに行くよ!」

明日は、CD、おまけにあげるよ。
寒い一日と突然の電話
2007年02月17日 (土) | rewrite |
いきなり最高気温が10℃に満たないという。普通の2月らしさが戻ったわけやけど、17℃もあったのに、それはないやろ!というのが本音やなぁ。昨日、一日中駆けずり回ったので、今日は大事を取って日中は家でのお仕事。うぅ、足から冷えてくるぅ!夕方になり、雨がポツポツと降り出す。今日こそは、回れなかったバレンタインのリベンジや!う~む、遅すぎるかぁ。でもしゃあないやんなぁ。とにかくぅ。そろそろ出かける準備をと思った時に電話がなった。知らない番号。なんだかイヤな予感が走る。

「○○です。ご無沙汰しています。」

ものすごい久々の従兄弟(父の弟の息子さん)からであった。ちっちゃい頃は仲良しだったんやけど、やはりこちらが東京からあちこちに動いて大阪に定住してしまったので、この間会ったのはウチのお父ちゃんの10年くらい前の3回忌やった。

「実は、父がもう危ないんです・・・」

なんで、もっと早く知らせてくれへんの!と言いたかったけど、どうもお兄ちゃん(叔父のこと)が心配かけたらアカンと止めていたみたいやった。お父ちゃんとお兄ちゃんは一卵性双生児。子供の頃、従兄弟もウチも、自分のお父さんをお互いに間違えるくらいにそっくりやってん。双子というのは不思議なもので、遠くはなれていれも同じ時期に同じ病気になったりするらしい。15年ほど前に、2人とも癌になった。お兄ちゃんはすぐ気が付いて手術。お父ちゃんは放っておいて手遅れとなった。今回はその癌がまた猛威をふるって、お兄ちゃんの命を奪おうとしていた。ウチはまだ熱っぽいし、どうしたものか。久しぶりでもすぐに仲良しの頃に戻る。ウチは従兄弟の中の頭領でもあるんよ。とにかく

「もうアカンなんて言わんと、信じて頑張りや!あんたがあきらめてどうするん!なんでもすぐに連絡するねんで!」

それだけ言って電話を切る。母と弟に連絡する。バンマスから電話があって、事情を話したところ、家でじっとしててもしゃあないから、「とりひろ」さんにでも出ておいでと。もう一度、従兄弟に電話する。

「今のところ、落ち着いてるよ。」

気の優しいお兄ちゃん、ちょっと頼りなかった従兄弟やけど、半分涙声ながらもしっかりしているのを聞いて少し、安心。明日の朝、行くからねと約束した。「とりひろ」さんは常連さん達で今日もいっぱい。風邪をうつしちゃ悪いから、マスクをなるべくはずさないようにして、一番端っこに座っていた。みんなの楽しい話し声を聞きながら、ぼ~っと考える。お兄ちゃんとウチは何故か、気があった。大人になってからは数えるくらいしか会ってないけど、会えば必ず長いこと、しゃべり込んだ。かなりプライベートな事でも平気でしゃべっていた。父のお葬式の時は気の毒やった。なんせ、「そっくり」なんやから弔問に訪れる方々みなさん、お兄ちゃんの顔を見てはっとする。

「俺、どっかに隠れてようかな・・・」

お通夜の夜もずっと、棺の前でしゃべってたっけ。

「やだよね、双子って。兄貴の顔見たら、俺もこういう風になるのかなって思っちゃうよ。」

確かに、複雑な思いやろうな。従兄弟もウチの父を見て、同じ事、言ってたもの。でもそう言って、たばこの煙をはく口元はやっぱりお父ちゃんと同じ。仕草までそっくり。不思議だね、遠く離れて暮らしていたのに。2人とも自然を愛する、優しいお父さんです。お兄ちゃんは引退後、しょっちゅう、山歩きをしては絵を描いていたらしい。明日は、ウチのCDを持っていって聴いてもらおう・・・

2月18日午前2時45分

叔父、公一お兄ちゃんはウチが行くのを待ってくれず、永眠しました。
今頃、やんちゃな仲良し双子は、また昔のように駆けずり回って遊んでいるに違いない。優しかった2人のお父さん、どうぞ、安らかに。そして、私達を見守っていてください。
ほんわか一日
2007年02月16日 (金) | rewrite |
朝、思ったよりもダメージは少ない。良かったぁ。本日はまたまた外出。陽射しがあるので暖かい。っていうより、早足で歩くと汗が・・・おおい、今は何月やねん!でふでふ
 途中、あちこちに寄り道しながらの帰宅である。今日はかなり歩いたなぁ。夕方になり、バスを待つ列に並ぶとさすがに冷えてきた。この寒暖の差じゃ、ほんま、みんな体調くずよね。どうぞどうぞ、気をつけて下さいませ。会社帰りのお父さん、買物帰りのお母さんに混じって、そんな事を思うのでありました。メカクロワッサンマン
 今日は。あったかくして、ぶり大根!えへ
 
そして・・・
2007年02月15日 (木) | rewrite |
そして・・・

朝が来た。

つばを飲み込んでみる。ありゃ!ごろごろしてる!体は節々がいやぁな感じ。

恐る恐る熱を測る。

ピピピ。じゃ~ん。「38度」あっちゃぁ!(>_<)

出たものはしゃあない。引っ込めるだけや。昨日から最悪事態を想定していたので、そうは焦らない。黙って内科のN先生の所へ向かう。頼みの綱や。

「もう!そういう時しか来ないんだから!僕は今日は、寝ててくださいと言いますよ。いいですか?あとは君の判断ですよ!」

「へい~。」

そう言いながらもN先生はステージの時間を聞いて、この薬を何時に飲めとか究極の処方をしてくださる。ありがとうございます。

「しっかし、それで歌えるんかね~?」

「本番は大丈夫なんです。」(一抹の不安はあるけど・・・)

さて、そんな訳で、本日はボーヤにバンマスのお弟子さんのT君をお願いして、非常に楽させてもらってステージを組む。この頃には熱もだいぶ下がり、喉も乾燥さえさせなきゃ大丈夫そう。

 さあ!始まるで!

今日のお客様もみなさん、とてもよくウチらの音楽を聴いてくれはった。この頃にはウチの頭と体から風邪なんちゅうものは吹っ飛んでいる。来週から1年間、中国へ留学されるHさんの送別会(Hさんは草花屋さんの常連さんやねん。)も兼ねていたので、1曲、Hさんにプレゼント。喜んでくれはったかなぁ?マスターもママさんも気に入ってくれはったようで、また「次回」がありそうです。嬉しいな!

【追記】

今回のライブをプロデュースしてくれはったOさん、本当にご心配をおかけしてごめんなさい。でも、しっかり復活しているのでご安心なさってくださいね。ウチらに素敵な空間を与えてくださって、心からおおきにです。
テーマ:LIVE、イベント
ジャンル:音楽
静なるバレンタイン(>_<)
2007年02月14日 (水) | rewrite |
圧力鍋が家にやって来た。前々からウチはずっと玄米ご飯やねん。で、ついに炊飯器がいかれてきたのと(炊いている間にスプリングが緩くなるのか、蓋が開いちゃう!)知り合いの方から「牛スジ」を煮るならこれでしょと勧められたのと、調理時間が短いという、結構ドタバタやってるウチにはとても魅力的だという3点から、さっさとまたもやネットで購入。まず、初回はお水を入れてプシュ~っとやって、さっそくその辺にあったキャベツとトマト缶とチキンで煮込みを作ってみる。お~、マジ早い!こりゃぁ、ええぞぉ!この時点で午前11時やった。あれ?なんか、体がおかしいぞ。そういえば朝からちょっと咳が出ている。微熱が出ていた。大慌てでいつものW先生の所へ行く。インフルエンザではないものの、どうもいやぁな感じや。明日は荻窪の「草花屋」さんでの初ライブなのに!
 外は冷たい雨。当初の予定では、午後からチョコを仕入れに行って、いつもお世話にになっている方々にご挨拶に行くはずであった。でも、これは絶対、行くべきじゃない。体の節々が痛い。
 思い当たる節はいくつかあった。ボーカルが風邪ひいてどうすんねん!と叱られそうやけど、明らかにお風邪を召してる方と同じ空間にいなきゃいけない時も多々ありまんねん。(>_<)もちろん、うがいに手洗いに予防はかなりしてると思うけど、これだけ世間に風邪が充満してちゃぁ仕方ない。それよりもとにかく早く復活せねば!
 というわけでバレンタイン、チョコを誰にもあげず、頑張って色々と食べて栄養つけて寝るという淋しい夜であったとさ。頼むで!明日の朝が怖い!
またまた動きが!
2007年02月13日 (火) | rewrite |
夕方、Mさんのごはからいで、とある三鷹のスナック(というより小料理屋さんって感じ!)へ。ママさんはウチらのライブに何度も足を運んでくれはり、一度、閉めたお店をやはり一月から再開したこともあって、ライブをやらせて頂ける運びとなった。おおきに!今回はクローズドでやるので、スケジュールには上げないけど、結構楽しみです。民芸茶屋って感じかな、あちこちにお花や布が飾られ、なんとも言えないええ雰囲気やねん。ママの作ってくれはるお料理もまた美味しい!春を感じさせる菜の花の酢味噌、煮込みにいわしの梅煮等々。たまたま居合わせた常連さんがさっそくご予約第一号!さあ、あちこちでの活動が今年も広がるぞぉ!
荻窪ルースター・2月
2007年02月12日 (月) | rewrite |
お願い通り、絶好調のお天気である。お昼には家を出て、荻窪のとあるスタジオへ。メンバーが忙しくてなかなか揃わないので、ライブ当日のリハーサルは最近、嬉しくないけど、当たり前となってきた。
 まずは、新曲。久々のラッパ隊をコーラスにも見立てたアレンジは、まず一回、譜面を当たったところで全員に不安の表情が。一番、不安だったのはウチかもしれない。なんせ、原曲とは180度違う趣きで歌わなアカン。う~む。手直しをしながらだんだんと仕上がってゆく。2時間のスタジオは結局その1曲で終わる。でも。なんか、ええ感じになっていた。さすが皆さん、プロです。
 ルースターはまたまた模様変えをちらりと。今日はマスター自らのPAなので有難い。光(須川)さんがお休みなので、本日はウチがキーボードを兼任である。ルースターのグランドピアノは大好きなのだけど、残念ながら、それではお客様に背中を見せ続ける事になっちゃうので、今回は自分のキーボードも持ち込んだ。
 さて、リハも終わり。今日は常連さんのお客さんがほとんどかな。いつもいつも、本当におおきにです。問題の新曲は一回目のステージで披露。終わったとたんにOさんがやって来て

「あの曲、いい!もう一回、聴きたい!」

と仰ってくださったのには大感激です。ふぅ、頑張ったかいがありました。後半戦、バンマスを始め、ちょっとステージが暑かったので全員、文字通り汗だくでの演奏。色々と陰のハプニングはあったものの無事終了かな。
 せっかく荻窪に来ているので、15日にお世話になる「草花屋」さんにて打ち上げ。三鷹のあったかい人々が待っててくださいました。嬉しいな!おもむろにウチらのCDがかかっていたりするんよ。暖かい気持ちとご馳走を頂いて、帰路につくのでありました。
テーマ:LIVE、イベント
ジャンル:音楽
今日は長いが、話は短い。
2007年02月11日 (日) | rewrite |
ちょっと寒の戻りかいな。日中は暖かかったけど、急に風が強くなり夜には冷え込む。今日はお仕事して、管理人さんして、練習して、お仕事して・・・えらい長い一日でした。
あっ!管理人さんで外回りのおそうじをしていたら、ちっちゃ~い虫の大群を発見!あわててボスに連絡をして、殺虫剤を撒いてもらう事に。毛虫事件もあったので、今回はボスも迅速行動に出てくれはるようで安心です。あの虫で咳が出るんかなぁ。なんせ、ウチの部屋のドまん前やねんもん(+_+)
 さっ、明日は久々にラッパ隊プラスのルースターライブ!新ネタもありまっせ!アッと驚くで!お待ちしています。
習い事
2007年02月10日 (土) | rewrite |
朝起きてから、いつものように、いえ、いっそう、そりゃぁドタバタと。あぁ、もう時間ない!ええい、走っちゃえ!ジャージ姿で堪忍!とばかりに向かった。実は本日から新しい、っちゅうか、むちゃくちゃ久しぶりに「習い事」というか「勉強」を受ける事にした。何かって?むふふ、内緒!?まあ、月に一回、初心に帰る日を設けたという感じです。
 さて、お昼は三鷹の何人かが集まって「天安門」さんで頂くことに。円卓を囲んでのお昼は贅沢だし、とっても楽しい。ま、お昼やからウチは海鮮麺と、円卓とはあんまり関係のないものになっちゃったけど。マスターが前菜(これがピリ辛で美味しかった!)をサービスしてくれはり

「ビールは?」

と魔の誘惑!アカン、アカン、今日は暑かったし、喉も渇いてるけどぉ。何故かと言うと。ま、あとで。
 「天安門」さんは三鷹の連雀通り沿いにある。みなさんと別れて、お腹いっぱいの帰り道、通り沿いを東に戻って、お豆腐屋さんと、お魚屋さんで食料を買い込んで(あげさんをサービスしてくれたり、嬉しいねん!)とりあえず帰宅。即効、とある場所で個人練習でございます。だから、ビールは飲めなかったのぉ!帰宅後、戦利品を色々と料理しているうちに睡魔が・・・でも、今日もかなり充実した一日だったので良しとしよう。
 前から入ってみたいなと思っていたお店に、結局初めて入るのに4年もかかったなんて事ないですか?でも、ある日、入っちゃう。そういうの、大事かも。
再生
2007年02月09日 (金) | rewrite |
日中はあちこちと走り回る。立川の公園で満開の梅に出会って、しばし休憩。帰宅するまではどうも、運が悪いのか、乗るバス、乗るバスを待つ行列で何かヘンな人がウチの前に立つ。「フケフケ星人」「これでもか割り込み星人」「横揺れ隙間縮め星人」である。気分を害されることもあるであろうかと思うので、詳しい説明は割愛。それにしても参ったなぁ。
 気を取り直して、夜には吉祥寺へ。「赤いからす」さんへとバンマスと向かった。今日はマスターのSさんに、色々とご相談したい事があったので伺ったのだ。そちらの方はだいたい片付いた所で、Sさんが一枚のパンフレットを見せてくださった。もう何年も前から取り組んでいらっしゃる「井の頭公園の池の水をきれいにしよう!」いう会からの活動内容と、みなさんに自粛してほしい事、どうして生態系が崩れていって、どうやったら復活できるのかなどが掲載されている。そして実際に池に生息している水鳥の写真。その種類は渡り鳥も含めて、100種以上にも及び、今は鯉だらけ(しかも人間がエサをやるからかなりデカい)の池には清水にか生息しない魚たちも数多くいたとういう。滾々と湧き出る水は、神田川の水源であったなんて、まったく知らなかった。Sさん達はその生態系と水の透明感を10年がかりで取り戻そうと活動してはるのであった。先日行った「深大寺」は広大な「神代植物公園」のおかげでその清水を未だに守れているらしい。確かに境内に流れる川はさらさらと清らかであった。武蔵野の地はやはり自然豊かな土地なのである。
 そんなお話、歴史を聞いて感動。今なら間に合う。今しか出来ない。そう思っていてもなかなか出来ないものやもん。Sさんに拍手である。そして、自分の出来ることからやるのがウチらのせめてものお手伝いやなと思う。例えば、「池ではお魚にエサをやらないで。」誰にでも出来ること。ちょっとだけでも気をつけることが、大きな力になってゆくと思うんよ。人が人に対しても、おんなじ事とちゃうかなぁ・・・「○○星人」とあだ名をつけられないよう、自分も気をつけなくっちゃと思うのでありました。
テーマ:暮らし・生活
ジャンル:ライフ
トマト考
2007年02月08日 (木) | rewrite |
何日か前にこんなものを作った。「なんちゃってアラビアータ」というところかいな。トマトソースのピリ辛版。トマトはウチの最愛なる野菜。生はもちろん、煮ても焼いてもええねんもん。大きく輪切りにしてバター醤油でステーキ(意外とお醤油と合うんよね)や素麺の具にもええし、この間、伝授して頂いたトマト納豆もけっこうイケるし。
 高知に行った時、朝市で真っ赤で小粒で固くて、「これがトマトじゃ!」みたいなトマトに出会った。市を見歩きながら、3つくらいかじっちゃったなぁ。ミニトマトは実際に栽培した事があるけど、鈴なりになった実は正に自然の恵み。しっかりと身のしまった完熟トマトには、久しくお会いしてないなぁ。ま、夏のもんやしね。今年はベランダで植えてみますか!
 一日中、お仕事をしてると、このくらいしかネタがなかったりして・・・^_^;

ピリッと辛い!


テーマ:家庭菜園
ジャンル:ライフ
ほんまもんや!
2007年02月07日 (水) | rewrite |
風は少し冷たいけど、気持ちのいい青空。今日もお天気は最高である。で、三鷹通りをバンマスと歩いている。行き先は「深大寺」である。去年からのとある「イベント」がいよいよ今日!ウチのブログにたびたび出てくる三鷹の「天安門」「マダム媛」「れもん」「とりひろ」のマスター&ママという超豪華顔ぶれで「おそばツアー」やねん。SUGAR BOWLと繋がりを広げてくれはったTさんも。総勢10人。
 まずは乾杯。

「去年の暮れは大成功で!ありがとう!」

「ええっ!?そんなん、皆さんの力やのに・・・」

いきなり言われて、もう大恐縮であります。今年も頑張らなくっちゃね!
 さて、山菜の天ぷらが運ばれてくる。うわぁ、春やなあ!ほろ苦い蕗のとうにタラの芽にこごみに野ぜり。深大寺のあたりは本当に自然がいっぱいあるので、春になると山菜や筍が楽しめるんよ。う~む、ここは本当に東京か!?ビールから焼酎のそば湯割り、又は冷酒とみなさん、杯が進みます。東京三大そばの「藪そば」「更科」「砂場」の「砂場」が実は関西出身だったと教えて頂いたり、もう、わいわいと楽しくて。そして、じゃじゃ~ん、この「ツアー」の最大の目的っていうか、起因となったのが、

「何割そばがうまいのか!?」
「深大寺そばはうまいのか!?」

で、写真をご覧下さい。左から8割、9割、10割と並んでいます。10割はね、香ばしくて甘い。ぼそぼそしてないし。9割は優しい感じ。うん?8割は・・・あれ?香りも色も違うし、普通っぽい。実はこのお店、9割、10割だけそばの実の中身だけをひいて作ってるんだって。それが右のお鍋の中。そのままポリポリと食べさせて頂いた。ほとんどナッツ感覚やぁ!なので、右2つのおそばは色白で、そば粉の割がかなり多いのに、ぼそぼそしてないんよ。
 さて、皆さんのご意見は?

「10割、うま~い!」

もう一度、まさに今、打ち立ての10割を頂く。打ち立てやからさらに香りが強く、こしがある。美味しい!これは絶対に美味しい!
 忙しい貴重なお時間を皆さん、本当にありがとうございました。お腹も心も満杯に満たして頂いて感激です。「れもん」のママが

「み~んな、人を楽しませるのが本当に好きなんだね。」

とぽつり。そや!これや!一番、大切な事を新たに胸に刻むのでありました。

本当に皆さん、おおきに。楽しかったぁ!

結構、違う。 これが正体!



ちなみに深大寺境内にある「一休庵」さんというお店でした。
テーマ:うどん・そば
ジャンル:グルメ
故郷は近くにあって感じるモノ
2007年02月06日 (火) | rewrite |
お昼間は色々とお仕事をしつつ、ちょっと運動なぞ。暖かくなってくると、「ムシ」がうずき出すんかな。さて、夕方、どうも咳が出るし、ここ何日か、お鼻もちゅんちゅんという感じなので、大事を取っていつものW耳鼻咽喉科へ。単にアレルギー性の鼻炎がここの所の温度差でひどくなってるだけやった。ほっ。
 頼まれ物があったので、それを持ってそのまま「とりひろ」さんへ。ジャージだし、マスクだし、手前に居てはったIさんはウチの事が分からなかったって・・・(-_-;)昨日、今日と連荘な訳やけど。きぬさやのお浸しが付き出しに出てくる。いやぁ、春やね!Gさんとお魚の話で日本一周しちゃったり、続々と常連さん達が現れ、色々なお話を伺う。普通、お酒の席でのお話って、だいたい「同じ話」が回ってたりするんやけど、ここは違う。へぇ~、そうなんや!とか、そんなん、知らなかった!とか、必ず、新しい話題があるねん。
 誰かが「三鷹マジック」なんて言ってたけど、ホンマにそうかもね。知らない同志がいつの間にか、とってもよく知ってて・・・こんな環境はこれまでになかったなぁ。そんな事を思いつつ、頭の中では新ネタが鳴りつつ、夜は更けてゆくのでありました。
ハタハタ!?
2007年02月05日 (月) | rewrite |
ぬく~い。なんかこんなに温暖差があると、体がふにゃふにゃになりそうや。さて、本日はちょびっとお久しぶり「とりひろ」さんへ。3大古株常連さんたちがいてはって、笑っちゃった。さあて、お魚を焼いてもらおうっと。う~ん、何にしようかなぁ。おっ、「ハタハタ一夜干」これ、いってみよか!

「すいませ~ん。」
「あっ、終わっちゃった?」
「今日はナマしかないんですよ。」

そっちの方がええやん!

「じゃ、塩焼きにしますね。あっ、卵は入ってないんですよ。」

ちょっと、びっくり。子持ししゃもは当たり前やけど、ウチの中ではハタハタの塩焼きに卵が入っていた記憶がない。身がぷりぷりして味はあっさり。皮はぱりぱりでこりゃいける!お隣の北海道出身のGさんによると「ハタハタ鍋」も絶品らしい。え~っ、これ、鍋に入れるの!よけいナゾや!う~む、世の中には知らないものがまたいっぱいじゃ。「くえ」(これは関西では有名やな)「はらぐろ」(肝が真っ黒なんやって!)そんなお話から始まって「フナ寿司」やなんやかんや・・・どれもお目にかかった事ないぞ。その後はUさんと3人でちょっとマジメなお話をしてみたり。
 お店を出たその足で「れもん」さんへ。バンマスから大阪おみやげがあったりして、こちらもちょっと久しぶりや。Oさんもご一緒、(というかご馳走になってしまった・・・)色々な話題が飛び交う。普通の日の地元での夜。元気が出るよね!

<
center>ハタハタ!


新年おめでとう!
2007年02月04日 (日) | rewrite |
という訳で、旧正月も明けて、立春である。風は強いけど(まさか、春一番じゃないよね!)お天気の青空は本当に気持ちええなぁ。
 いきなりですが、乾物好きです。今もしめじが干されていたりと、手作りのもの、買ってきたもの、頂いたものといろいろある。で、その整理を兼ねて「賞味期限」のチェックをする事に。時々やらないと、「えぇっ!ダメじゃん!」という悲しい事になるから。はてさて、ほらほらありました。頂いて後生大事に取っておくと、危ない、危ない。練りゴマが一瓶。さて、どうしますか・・・よっしゃ、「胡麻豆腐」を作っちゃおう。あれ?片付けはどうしたん?まあまあ、置いといて・・・(-_-;)
 大阪にいる頃、結婚してるけどまだ子供のいなかった高校時代の親友に誘われて、月1回、芦屋のとあるお宅で「家庭懐石料理」というのをなんと2年に渡って教えて頂いたことがあるんよ。所謂、「お教室」というより、友達と彼女の叔母さまとそのお友達とウチという4人で和気藹々とお料理を教えて頂きながら作って、みんなでランチという楽しいものやってん。じゃなきゃ、2年も続かないよん。先生はもう亡くなってしまったんやけど、その時のファイルは今も写真付きで大事に取ってあり、何かの折にはそれらを参考に作ってみたりするんよ。
 さて胡麻豆腐や。初めて作った時は「目からウロコ」やった。だって、こんな材料だけやなんて知らなかったから・・・でも、作ってみると分かることもいっぱいあります。精進料理やなぁ。

【材料】(4人から6人分は取れます)

吉野葛   50g
当たり胡麻(練り胡麻)の白 60g
水     400cc
砂糖    小さじ1
酒     大さじ1
塩     小さじ1/4

1. お鍋に30cm四方のガーゼを敷き、吉野葛と胡麻を入れて包み、お水を入れて揉み出す。
2. これに砂糖を加えて火にかけ、始めは強火。固まってくるのですぐに弱火にして8~10分、木杓子で練る。
3. さらに酒・塩を入れて練りあげて流し缶に入れてボールに氷水をはった中で冷やす。
4. 固まったら切り分ける。(保存は水中に放して2日間)

ふう。出来ました!こんな感じ。

精進料理です。


三鷹に来客!
2007年02月03日 (土) | rewrite |
昨夜は何故かコワ~い深夜映画をいやや、いややと思いつつ最後まで観てしまい、寝たのは午前6時前という、珍しくミュージシャンらしい生活である。でも、明るさに耐えられず、8時過ぎには起きてしまった。今日はXさんとSちゃんが三鷹「マダム媛」さんにランチに来はると聞いていたので、頃合いを見計らって出動。ちょっと風の強い中、徒歩約15分。ええ感じやな。お2人はさっそく、10年ものの紹興酒をいっぱいやりながら色々とつついてはった。Sちゃんはここが初めてやねんけど、この紹興酒は今年の新年会で三鷹組が差し入れで持って行ってからファンのよう。Xさんはもちろん大ファン!蒸し鶏やきくらげ炒めなんかをオススメして、ウチはビール。話はなんとなく、スピリチュアルよりになる。まったく信心深い方ではないんやけど、パワーのあるもの、守ってくれるもの、なんちゅうか、心の拠りどころになるものに関しては「出来ればあれば良いよ!」という程度に興味はある。珍しい石を見せてもらってなんだか嬉しくなる。
 マスターが「これはサービスだよ!」と出してくれはったのは、な、なんと!大阪名物イカ焼きやん!○急百貨店からのお取り寄せやねんて。へ~、こんなんあるんや!ソースまで付いてるで!XさんもSちゃんも見た事のないものにびっくりしてはった。でも大阪人には○神百貨店の方がポピュラーやってんけどなぁ。するとSちゃんが

「ねえねえ、ちりとり鍋ってどんなの?」

「へっ?なんじゃそれ?」

「え~っ、グルメ雑誌とかに、関西発でめちゃめちゃ有名って書いてあったよ!」

めちゃめちゃ有名!?知らないで、そんな鍋・・・」

ちなみに帰って調べたけど、東京のお店ばかり出てくる。もつ鍋の豪華版?最近の流行なんかしら?で、ここで一気にスピリチュアルから食べ物系、東西対決!?のお話になったりと・・・一度、「もんじゃ焼き」にも挑戦してみようかなぁ・・・う~ん、勇気がいりまする。
 気が付いたら4時を過ぎていた。お二人とも楽しい時間をおおきにです。また、来てくださいませ!
 
懐かしの!



夜は超お手軽、納豆巻きを作って「恵方巻きごっこ」アンド、小声で豆まきをしたのでありました!
平常心
2007年02月02日 (金) | rewrite |
一気に冬が戻ってきた。うぅ、足が冷えるなぁ。まあそれでもかなり、暖かいのだろうけど。なんでも今年は観測史上第一位の暖冬やねんて。寒いのは苦手やから、それなりに助かるけど、でもなんか変やなぁ。
 弟から4月の飛行機のチケットが取れたと連絡が入る。受付番号のみを持って空港へ行けばチェックインできるんやけど、アタマで理解してても数字のみっていうのは何となく不安だったりするよね?
 さて夜は大人しくお家で新ネタをいじくる。前々からやろうやろうと言っては、なかなか前進しなかった曲やねん。誰でも一度は聴いた事のあるはずのとある曲を、まったく違った感じでやってみようと言う事になっている。むふふ。どんな感じになるやろうか?ちなみに熱烈なラブ・ソングやねん。2月12日にご披露できるよう、頑張らなくちゃね!久々に深夜映画なぞ見て、本日は寝るなり。
豆まき
2007年02月01日 (木) | rewrite |
さあ明けた!2月である。梅の花は近所でも咲き始めた。う~む、ホンマに暖冬らしい。今日は1月に残したお仕事を片付けつつ・・・
 霜柱ももうないやん!ホンマに暖冬!って、ダウンのジャケット着てお店に入ったら、暑くて気持ち悪くなっちゃったよ。でも、明日から一応「冬型」になるらしいけど。
 みなさんは「豆まき」あ~んど「まいた豆、年の数だけ食べる」をやってますか?ほんでもって最近はコンビニでも「恵方巻き」売ってるけど、食べはる?
 不思議な習慣やよね、よく考えたら。その年の吉方を向いて太巻きをほおばり、しかも食べ終わるまで口きいちゃいけないんだもん。で、ウチはずる(かな?)して中太巻きを毎年作って、恵方を向いて毎年、やってます。なんや、お正月のお雑煮に加えて、2月はこれを食べないと「春」が来ないような切迫感が。
 これだけ「暖冬」でも、やっぱ、「習慣」っちゅうか、「ならわし」は根強いね。

「鬼は~、そと!」
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。