fc2ブログ
武蔵野・三鷹を基盤に活動する ボーカル&キーボード の佑記奈桜の日記です
人となり
2006年10月15日 (日) | rewrite |
正午にはもう家を出ていた。向かうは荻窪のスタジオ。結局、大所帯バンドの一番、イタい所は、大所帯ゆえになかなかスケジュール調整が出来ない所。今回はトロンボーンの米田康彦氏のドタキャン(だって旅の戻り日、間違えたんやって!!!)もあって、オリジナルメンバーは5人のみ。ただしギターの櫻田武さんは今回からレギュラーとなるみたい。そして何回か参加して頂いているトロンボーンの橋本佳明さん。で、米田氏が慌てて紹介してくれた霜田ユウジさん。荻窪で駅そばをすすってからスタジオへ。ここで藤岡博志氏から遅刻の電話が!とりあえず、1時から2時までは五十川博史氏のドラム(手叩きドラム、うまいねん!)とウチのピアノでラッパ隊の打ち合わせとなる。2時。桜田氏と須川光氏が登場。ドラムがないと結構大変なので五十川氏、ドラムに居残り。2時半。藤岡氏登場。ふぅ。
 新しいアレンジもあったり、手直しがあったり、もうあっという間のリハーサルである。まだ全曲、あたれてないし・・・線路を越えて荻窪ルースターへ移動。今回はラッパ隊にコーラス用のマイクも立てて頂き、なかなか壮観なステージ。セッティングしてくれた彼に感謝。
 「今日はお客さん、少ないかも・・・」と何故か弱気なバンマスの心配もなんのその。いつも応援してくれはる三鷹の皆様に加えて、ルースターの常連さん達が加わってくれはり(マスターが宣伝してくれはったみたい!)もちろん、いつもの感じでステージが始まる。今回はいきなりハードなナンバーが続き、声がかすれ出す。やばいか!いや、大丈夫や、絶対もたせるぞ!
 この所、風邪が流行ってるみたいで用心はしていたけど、2,3日前からちょっと咳が出ててん。今朝も起きたらそうっと唾を飲み込んでみて喉の状態を確認。う~ん、なんとかかなぁ・・・
 もうやば過ぎ!といった所で1回目が終わる。休憩時間。マスターからいつものマジックを手伝ってほしいとオファーを受ける。と思ったら、なにやら

「奈桜さんの人となりを教えてくださいよん!」
「へっ?なんじゃそりゃ?」

トークショーである。いったい、このマスターは何を考えてるんやろう!?ウチやバンマスの小梶博司氏のプロフィールをちゃんと見て、色々とインタビュー(!?)あ~んど、突っ込みである。しゃあない、マスターにも突っ込まなくっちゃ!(荻窪ルースター物語って本を出版したばっかりやねん!)な~んてやってる内に喉の方はちょっと体勢を立て直していた。
 2回目のステージはちょっとアレンジされた「HOUND DOG」からやってんけど、メンバー紹介で五十川氏はハープを披露してくれはるは、須川氏も弾き語りで「A PLACE IN THE SUN」を歌ってくれはったりと、昨日のお客様は随分と楽しんで頂けたんやないかしら?実は今日、初対面の霜田氏もライブをご一緒するのは初めての櫻田氏も、そして皆さん、やっぱり一流ミュージシャン!喉の痛みなんてどこかへ吹っ飛んでいって、ノリノリのステージでありました!(写真、欲しいなぁ・・・
 来てくれはった大勢の皆様。本当におおきに!来月は19日です。これからどんどん新ネタを増やす予定。(大変やぁ!)

写真撮影:菊池聡さん



熱いステージ! こんな場面も


スポンサーサイト



テーマ:LIVE、イベント
ジャンル:音楽